訪問看護ステーションでの働き方~ソフィアメディで働く看護師の1日のスケジュール紹介~

訪問看護ステーションでの働き方~ソフィアメディで働く看護師の1日のスケジュール紹介~

訪問看護で働く看護師の数は10年前に比べて倍に増えてきていますが、病院で働く看護師の数と比べると、その数はまだまだ少ないものです。そのため、具体的な仕事内容や働き方をイメージできる方は多くないかもしれません。

訪問看護ならではの仕事や働き方の良さは色々あります。そのなかでも、『事前にその日のスケジュールが把握できる』のは魅力のひとつではないでしょうか。訪問看護では基本的に訪問先や訪問時刻、所用時間が決まっているため、その日のスケジュールを想定しやすいという一面があります。事前にその日のスケジュールを把握できているからこそ、空いている時間に書類作成をしたり他職種とのやりとりをしたりと、効率よく時間を使うことでワークライフバランスを保ちやすいことが魅力です。

今回は、訪問看護の仕事内容の概要とソフィアメディで働く看護師さんの1日のスケジュールをお伝えしながら、訪問看護の働き方をみなさんにもイメージしていただければと思います。

訪問看護の主な仕事内容

訪問看護の仕事内容は、どのようなことがあるのでしょうか。まずは大きくわけて3つ、ご紹介していきます。

①訪問業務

訪問看護は病気や障がいなどにより、ご自宅や施設において継続して療養を受ける状態にある方を対象に、看護師が療養上の世話や必要な診療の補助を行います。病気や障がいを持ちながら療養する方は、医療保険または介護保険で訪問看護を利用することができます。

訪問業務では利用者様のご自宅や施設へ訪問し、看護ケアを行います。そこで行われる看護ケアは、健康状態のアセスメントや日常生活の支援をはじめとし、心理的な支援、予防的看護、家族や介護者への支援、社会資源の活用支援、エンドオブライフケアなど多岐に渡ります。

また、平成28年介護サービス施設・事業所調査によると、訪問看護ステーションの利用者様の疾病分類としては、介護保険の利用者様は「循環器系の疾患」「筋骨格系及び結合組織の疾患」が多く、医療保険の利用者様は「神経系の疾患」「精神及び行動の障害」が多くなっています。

そして、訪問看護の看護内容として『療養上の世話』の部分では、介護度が高くなるにつれ「家族等の介護指導・支援」「身体の清潔保持の管理・援助」「排泄の援助」などの割合が高く『診療の補助』の部分では、介護度が高くなるにつれ「浣腸・摘便」「褥瘡の予防」「胃瘻の管理」などの割合が高くなっています。

記録・書類作成業務

実際に看護ケアを行う以外にも看護師が日々行うこととしては、訪問看護記録書や訪問看護計画書、訪問看護報告書、訪問看護サマリーなどの書類作成業務もあります。また、記録以外にも以下のような書類の管理を行うことも多いです。

  • 利用者様の契約書関連
  • 医師からの指示書関連(指示書発行の依頼書、訪問看護指示書、特別訪問看護指示書、在宅患者訪問点滴注射指示書など)
  • 情報提供書関連(訪問看護の情報提供書)
  • 退院時共同指導説明書
  • 担当者会議記録書類

③他職種連携、地域医療連携

利用者様が住み慣れた場所で、病気や障がいを持ちながらも自分らしく生きがいや役割を持って生活を送れるように、医療と生活の両面から支援することを求められるのが訪問看護です。そのためには看護師のみならず、医療・介護・福祉に関わる他職種や関係機関との連携も必要となります。

スムーズな他職種連携のためには、まずは利用者様やご家族を中心に、他職種間で情報共有、コミュニケーションを行うことを前提とし、職種としての役割を全うする、関係性に働きかける、自職種を省みる、他職種を理解することが大切です。

訪問看護師が主に関わるのは、以下のような職種です。

  • 医師
  • ケアマネジャー
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 病院看護師
  • ソーシャルワーカー
  • 訪問介護職員(ヘルパー)
  • 薬剤師
  • 管理栄養士

また、以下のような医療・介護・福祉施設との連携も必須です。

  • 居宅介護支援事業所
  • 地域包括支援センター
  • 在宅療養支援病院・地域連携室
  • 在宅療養支援診療所
  • 市区町村役所
  • 保健所・保健センター
  • 訪問介護
  • 居宅系施設
  • 社会福祉協議会

事前にその日のスケジュールを把握できる

訪問看護の仕事は、1日〜1週間のスケジュールが決められています。訪問先での対応はときに臨機応変にということもありますが、大きくスケジュールが変更となることは多くはないでしょう。

実際の1日のスケジュール管理画面

訪問看護師の1日のスケジュール

実際にソフィアメディで働く看護師さんに、1日のスケジュールについて伺いました。

※看護師歴10年目、訪問看護師歴1年目のAさん。ある1日を参考に作成。お客様情報やケアの内容は、個人を特定できないように改変しております。

時間仕事内容詳細
8:45出社・整容(更衣、髪の乱れなどチェック)
・スケジュールの確認
9:00朝礼・ステーシ
ョンの環境整備
・経営方針書の読み合わせ
・全スタッフでのスケジュール確認
・スタッフ間での情報共有
・ステーション内の掃除
・お客様の情報収集、必要時訪問時間変更の電話連絡
※週明けや祝日後は、場合によってその際の体調や変化
 をケアマネジャーへ報告
・必要物品の確認、補充
9:15訪問へ出発
9:30訪問1件目70代、消化器疾患術後のお客様
医療保険、特別訪問看護指示
(術後ドレーン管理、感染管理)

60分訪問看護:
①バイタル測定をしながら、状態やお困りごとなどを伺う。
②全身状態確認。新規皮膚トラブルの有無。
※指示薬を塗布する。
③排液の状態確認、ドレーン刺入部の観察と処置実施。
④食事や排泄状況確認し、優先度を考慮し食事の
 セッティングや排泄を介助を行う。
⑤保清:洗髪・清拭・爪切りなど、お客様の状態や希望に
 合わせ実施する。
⑥住環境の調整。動線の確保や必要時には福祉用具の
 選定も行う。
※お客様の状態によって、順番は変動あり
※ケアの実施中、ご本人様の病気に対する思いを
 傾聴したり、精神的ケアも実施
※バイタルサイン、排液の性状、問診などの情報から、
 状態悪化しているときは、その場ですぐに医師へ
 報告し対処する。
10:30移動※訪問後や訪問時間の間隔が空いている場合は、
 ケアマネジャーへ報告書・計画書を手渡し、
 状態報告することもある
10:45訪問2件目60代、下肢閉塞性動脈硬化症のお客様

60分訪問看護:足浴、服薬確認、創部の観察、
創部の処置、皮膚の状態観察、療養生活の指導(ご本人様)
12:00昼休憩・ステーションに戻り、昼食を食べる
・30分訪問であれば、午前中に3件訪問することも
・昼休憩に入る時間は訪問件数によって前後する
・必要時、他職種へ状態報告の連絡や折り返しの連絡をする
13:10移動
13:20訪問3件目70代、潰瘍性大腸炎のお客様

60分訪問看護:状態確認、内服管理、栄養指導、
パウチ交換の指導
14:00移動
14:30訪問4件目70代、両側性変形性膝関節症のお客様

30分訪問看護:状態確認、内服確認
、ご家族への介護指導や家族ケア
15:00移動次の訪問まで時間がある時は
ステーションに戻って記録を書いたり、
外で書くこともあります
16:20訪問5件目80代、脳卒中のお客様
介護保険
(薬の相互作用、副作用の確認)

60分訪問看護:
①バイタル測定を実施しながら、
 状態やお困りごとなどを伺う。
②服用状況の確認、飲み忘れがある時はその場で
 服用していただく。
 症状変化(日内変動・日差変動)の確認。
※内服を自己判断で調整していることがあるため
③訪問時、お客様の状態に合わせ入浴介助か
 シャワー浴介助を実施。
④入浴時、全身状態の確認。新規皮膚トラブルの有無確認。
※必要があれば、入浴後にスキンケア・処置を行う
⑤更衣、スキンケア、整髪実施。
※お客様の状態によって、順番は変動あり
※ケアの実施中、ご本人様の病気に対する思いを
 傾聴したり精神的ケアも実施
※お客様の趣味嗜好に合わせて個別性のある
 看護を目指している
17:20移動ステーションへ戻る
17:30書類業務、
報連相
・日々の記録
・他職種との連携
・ケアマネジャーへ初回訪問の報告や現状報告
・医師へ状態報告※内服の検討依頼など
・スケジュール調整
・スタッフへの情報共有
・状態変化や注意事項の申し送り、緊急電話の対応方法
・着替えて制服の洗濯
※月末は計画書、報告書作成などの書類業務も行う
※訪問後、状態が心配なお客様やご家族へ
 状態確認の連絡を行うこともある
18:00終業※その日の状況で残業あり
※訪問件数が多い日には18:30頃まで記録や計画書、
 報告書の作成に追われることも

訪問看護師としてワークライフバランスを保ちながら働く

訪問看護師の仕事内容や働き方について、実際にソフィアメディで働く看護師さんからお話を伺い、1日のスケジュールとともにご紹介しました。訪問看護師として働くことをなんとなくイメージできたでしょうか?。訪問看護では、1日のスケジュールが立てやすく、時間単位での休暇取得、訪問がないスキマ時間の活用など、ある程度の自由さがあることも働きやすさのひとつです。これからの働き方を考えるうえでぜひ参考にしてみてください。

[文]白石弓夏

▼関連するおすすめ記事

看護師に関する求人情報はこちら