察知する力で、お客様とスタッフの“「生きる」を看る”を支える

察知する力で、お客様とスタッフの“「生きる」を看る”を支える

ソフィアメディは今、約10,000人のお客様とおつきあいがあります。10,000通りの「生きる」があり、10,000通りの「看る」があります。ソフィアメディのスタッフは“「生きる」を看る。”をどう捉え、お客様と接しているのでしょうか?それぞれの訪問看護に対する想いをご紹介します。

※こちらは2022年4月発行の社内報内インタビューを転載したものです。

〈今回私の“「生きる」を看る。”を話してくれた人〉

ステーション山王 医療事務

N.Nさん

お客様の気持ちがわかるからこそできる役割がある

私は前職ヘルパーとして働いていたのですが、体を痛めてしまったのをきっかけに経験のあった事務職に転身することに決めました。自分がヘルパーとして在宅の現場で働いていたこと、また、父が訪問看護でお世話になっていたこともあり、在宅領域で仕事を続けたいという想いからソフィアメディに入社しました。

自分がお客様側の家族という立場も経験したことがあるからこそお客様に寄り添えることがあると思っています。看護師やセラピストが現場で何かお客様の変化を察知するように、現場に行けない分、お客様がステーションにお電話をくださる時には何に困っていらっしゃって、今何が起きていているのかなどお客様の異変や違和感をキャッチすることを心がけています。

先日独居の女性のお客様からお電話があったのですが、電話越しの言葉が聞き取れず、その雰囲気から緊急性を感じました。しかしその時ステーションメンバーですぐに繋げられる人がいなかったので、自分の判断でケアマネジャーさんや主治医に連絡を入れていきました。結果的にケアマネジャーさんがすぐにお客様の元へ駆けつけてくださり、目まいで急に倒れてしまったお客様をケアしてくださって、大事には至りませんでした。

そういったように、現場にはいないけれど違う関わり方からお客様の “「生きる」を看る。” を一緒にサポートできるのは本当に幸せな仕事だと感じています。

また、お客様だけでなく、スタッフの異変をキャッチしサポートすることも私の大事な役割だと思っています。山王は若いスタッフも多く、自分と親子くらい年齢が離れている人もたくさんいます。

特に毎月新入職スタッフが入って来られるので、初めて訪問看護に従事する事や人間関係に対して不安や悩みを抱えているスタッフも多いと思います。できるだけスタッフには「いつでも捕まえて気を遣わないで話してね」と伝えています。事務の仕事は請求や事務処理作業がメインではあるのですが、同じくらい様々な場面での対応力も必要なのだと長年やって気づきました。

私は現場に出ることはないのですが、やはりご逝去されたお客様のご家族が「本当にソフィアメディさんで良かったです」と言ってくださる時には自分ごとのように嬉しいですし、今後は1人でも多くの人からソフィアメディで看てもらえてよかったと言ってもらえるように、自分がその玄関口だという自覚を忘れず、私の役割だからこそできる“「生きる」を看る。” をサポートをしていきたいと思います。